石内都、岡上淑子、池田朗子、鈴木崇、みとま文野

2009.4.14(火)- 4.25(土)
日・月休廊、12:00-19:00 土曜17:00まで

YOKOSUKA%20STORY%20%231-web.jpg

当ギャラリーを特徴づける、5名の取り扱い作家を見て頂きたく思います。
まず毎日芸術賞を受賞し、昨年の目黒美術館での回顧展が好評だった石内都作品を出品します。特に初期のヴィンテージのプリントは時間そのものが表現されているような存在感に感嘆の声があがりました。今回はそのヴィンテージプリントを出品します。
また昨年、パリフォトにも出品し、好評を博した池田朗子の「their site/ your sight」、鈴木崇の「Altus」他を展示します。池田は昨年出版された初の作品集「光景-heir site/ your sight」(青幻舎刊)を当ギャラリーでお求め頂ける最初の機会となります。鈴木は東京国立近代美術館の常設展では、杉本博司作品「海景」の横に鈴木崇「Altus」が並んでおり、そのAltusのシリーズを展示致します。
そして、コンピューターによるフォトコラージュを展開する、みとま文野。
繊細な色づかいで、仏教的なもの、キノコや苔などのミクロの世界、自然などが混じった独自の世界観をコンピュータ上のコラージュという形で作っています。2メートルを超えるスケールの大きな作品を今回出品予定です。
最後に岡上淑子のシルクスクリーンも展示します。ほとんどの作品が美術館に収蔵された現在ですが、手元に残した最後の20枚の中から5枚を選び制作したシルクスクリーンのポートフォリオを見て頂けます。2月にオリジナル作品がNYのMOMAに収蔵されました。そのシルクスクリーンも展示します。

この展覧会はFestartに参加しています。北浜・淀屋橋・肥後橋エリアの画廊の有志が、展覧会・イベントを同時期に開催し地域の文化の振興と画廊・美術界の活性化を目指し始まる企画で Festa+Start+Artの造語です。
それぞれが歩いて数分のところに位置するロケーションです。
各ギャラリーの特徴を生かした展示を続けてみて頂け、また春の気持ちのよい季節でもありますので、是非お越し下さいませ。

 

PAGETOP