EXHIBITIONS

HOME > EXHIBITIONS > 繭の時間

繭の時間

垣本泰美

2010年6月7日(月)ー6月26日(土)通常、月曜は休廊ですが、6月7日はオープニングで開催します。
火曜ー金曜 12:00-19:00 土曜 12:00-17:00

mayunojikan_press.jpg

6月の展覧会は、垣本泰美による個展「繭の時間」を開催致します。
デビュー以来、少女の持つ不安定な存在感を捉える作品をずっと作り続けて来た垣本はその不安定な女性性と、少女の、だからこそ何かを超える存在に魅せられてきました。
今回は少女達をどこかに存在するかもしれないパラレルワールドの住人であり、生と死、現実と非現実の仲介者としての役割を持つと位置づけ、いくつかのイメージには海、花、月、など女性の象徴的モチーフを介在させ、神話的物語としてヴィジュアル化することで、少女性に内包される2つの側面を意識する事を試みました。この新しい展開をご期待下さい。
6月7日(月)18:00-20:00でSAI GALLERYとの共同でオープニングレセプションを開催致します。是非お越し下さいませ。

Artist statements
ある朝目覚めた時、昨晩の夢に出てきた“ボロニー族の少女”というこの言葉が妙に印象的に残っていた。その後調べてみても、特に該当するものに出会わず、夢で見た内容も忘れ去り、“ボロニー族の少女”という言葉だけが中ぶらりんに残ってしまった。

記憶の中を探っても「ボロニー族の少女」というその言葉がどこから来たのかはわからず、ただ何か特別なもののような気がして、私はしばらく、その少女達について思いを巡らせた。

----- そこでは少女達がシャーマン的役割を与えられ、初潮を迎える時まで、世界と世界の向こう側と交感する媒体として存在していた。
生と死の中間に位置づけられた彼女達は特異な時間と空間に幽閉され、ただ解放の時を待った。-----

時には無意識の世界からの信号に思いを巡らし、そこから広がる世界に耳を傾け、様々な境界について考えてみる。

 

PAGETOP