EXHIBITIONS

HOME > EXHIBITIONS > essence / 風景

essence / 風景

福田真知

2015.6.2(火) - 6.13(土)
火曜 - 金曜 12:00-19:00 土曜 12:00-17:00


©FUKUTA Masakazu

福田真知はこれまで、拾ってきた一本の枝を切断し、再び一本の枝へ構築することで時間軸の変更を行った作品や、複数の写真を重ね時間の厚みを感じさせる映像作品など、映像や写真、立体物を用いて作品を発表しています。

今回はカメラのファインダー越しに見る物体が、フラッシュのような強い光によって一瞬のうちに消え、またゆっくりと現れる現象の映像作品を中心に展示致します。この強い光が放たれることにより、記憶や夢の断片へとリンクするような感覚にさせ、また同時に目にする事物が光なしには見ることができないことを想起させます。是非お越しください。

福田 真知 FUKUTA Masakazu

1983年 岐阜生まれ
2006年 成安造形大学彫刻クラス卒業

主な個展
2014年 「time_this_time」
2014年 「SURFACE/フンイキ」(STREET GALLERY/神戸)
2014年 「ゆらぎのゆらぎ」(ギャラリー揺/京都)
2013年 「jewels」(KUNST ARZT/京都)
2012年 「SURFACE/フンイキ」(アートスペース虹/京都)
2009年 「Perhaps,This river」(GALLERY wks/大阪)

主なグループ展
2015年 「K2展」(京都市美術館別館/京都)
2014年 「非在の庭 part2 北川雅光×福田真知」(松ヶ崎 松雲荘/京都)
2014年 「neo-824」(The Third Gallery Aya/大阪)
2013年 「MECAwered2013」(SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム/埼玉)
2012年 「群馬青年ビエンナーレ2012」(群馬県立近代美術館/群馬)


企画
2015年 「timelake-時間の湖-」(新風館、KUNSTARZT/京都)
2015年 「timelake05 森の中の湖」(Art Spot Korin/京都)
2014年 「timelake01「行き来す 橋本玲美×福田真知」展」(Art Spot Korin/京都)


アーティストトーク「超私的写真史」
福田が写真を意識したのは、祭りのときに親から渡されたインスタントカメラで撮った鬼。
中学でマイカメラから現在の作品に写真がどのように使われているのかまで、超私的な写真史を、資料をお見せしながらお話します。

超私的写真史
日 時:6月6日(土)17:30-19:00
料 金:700円(1ドリンク/税込)
定 員:25名(要予約)
予約先:tamaki@thethirdgalleryaya.com / 06 6445 3557


 

PAGETOP