EXHIBITIONS

HOME > EXHIBITIONS > NU・E :New Selections from 1992–1997 Exhibitions @03FOTOS

NU・E :New Selections from 1992–1997 Exhibitions @03FOTOS

楢橋朝子

2017年1月28日[土]- 2月18日[土]
火曜 - 金曜 12:00 –19:00 土曜 12:00–17:00

©Narahashi Asako「NU・E」

2017年最初の展覧会は楢橋朝子による個展「NU・E」を開催致します。

1992-97年に03FOTOSで17回開催された展覧「NU・E」から新たにセレクションしたヴィンテージプリントを展示致します。
楢橋朝子の原点でもある「NU・E」シリーズは1998年にThe Third Gallery Ayaでも展示し今回が2回目の展示となります。
日本の風景にある「NU・E/鵺」的な在り方は写真でこそ捉えられ、その不思議さとぬめりは楢橋朝子による世界観であることを、時を経て改めて強く感じます。
是非、多くの方々に見て頂きたく思います。

尚、1月28日(土)17:00-19:00はギャラリーが入居する若狭ビル全体と、山登寿ビルでの合同パーティー「January Party」を開催致します。
若狭ビルでは2FのThe Third Gallery Aya,3FのYoshimi Arts、4FのSAI Gallery, 5FのCalo、そして山登寿のビルのKoichi Fine Artsの5軒によるパーティとなる予定です。

トークイベント
アーティストトーク
  日 時|2月14日[火]19:30–21:00
  参加費|1,000円(1ドリンク付き・税込)    
  定 員|25人(要予約)
  申込先|tamaki(at)thethirdgalleryaya.com
      06–6445–3557
  会 場|The Third Gallery Aya


アーティストステートメント
 闇雲に撮り、自らプリントし展示する、その繰り返し。1990年代はそういう時期だった。90年に03FOTOSというスペースを設け、年に数回、展示しつづけた。何でも入れられる箱が欲しくて「ぬえ」というタイトルに行きあたった。17回に及んだ「NU•E」の展示は、92年に始まり、写真集をまとめた97年に終了した。
 今回は、その間03FOTOSで展示した中から、20年の時間を経た視線でセレクトする。まだ全貌を見切れてはいないものの、懐かしさよりも意外さや新鮮さに驚きさえ覚え、あらためて過去の自分を発見しているようである。


楢橋朝子(ならはし・あさこ)


1959年 東京生まれ。
早稲田大学第二文学部美術専攻卒業。
1988年 「日本写真協会新人賞」受賞
2004年 「写真の会賞」受賞
2008年 「東川賞国内作家賞」受賞
現在、東京在住。

森山大道のワークショップを経て本格的に写真を開始。
1989年、初の個展「春は曙」を開催。
1990年には自作の発表の場としてのギャラリー、03 FOTOSをオープン、92年~97年までモノクロによるシリーズ「NU・E」の連続展を開催。
97年に写真集『NU・E』刊行。
2003年にはカラーのスナップショットによる写真集『フニクリフニクラ』刊行。
写真集『half awake and half asleep in the water』(Nazraeli Press、2007年)出版後、ニューヨーク、ケルン、ストックホルム、パリで同題の個展開催。
2009年、「楢橋朝子写真展2009/1989ー近づいては遠ざかる」を東京アートミュージアム(TAM)で開催。
これを皮切りにサンタモニカ、アムステルダムで個展「Coming Closer and Getting Further Away」。
2012年には、3.11後にオランダと野尻湖周辺で撮影された作品による個展「とおすぎてみえたことーアムステルダム、黒姫」を開催し、小冊子『とおすぎてみえたこと』を刊行。
内外での個展およびグループ展への出品多数。

 

PAGETOP