EXHIBITIONS

HOME > EXHIBITIONS > 白虎社

白虎社

阿部淳

2018年10月9日[火]-10月27日[土]
火曜-金曜 12:00–19:00 土曜 12:00–17:00

10月は阿部淳展「白虎社」を開催致します。
阿部は1982年から1994年にかけて関西を拠点とした舞踏の「白虎社」のスタッフカメラマンとして「白虎社」の舞台写真から、チラシやポスターのイメージほか、あらゆる記録を撮影しました。
特に舞台の広報用のイメージは「白虎社」代表の大須賀勇氏を筆頭にメンバーと阿部との話し合いを元に制作されたもので、海外も含む舞台先の様々な場所を背景に、小道具も用意し、徹底的な構成写真として撮影されました。いわゆる「白虎社」と阿部のコラボレーション作品でもあります。1994年以降、日本では初めての、まとまった展覧会となります。
是非、お越しください。

アーティストトークイベント

日 時|10月20日[土]17:30–19:00
参加費|1,000円(1ドリンク付き・税込・FAPA会員20%OFF)
定 員|25人(要予約・FAPA会員の優先予約枠有)
申込先|tamaki(at)thethirdgalleryaya.com / 06 6445 3557
会 場|The Third Gallery Aya


阿部淳|ABE Jun

経歴
1955年 大阪生まれ
1981年 大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校・大阪)卒業
1982年 ダンスグループ白虎社の映像スタッフとして各国巡行(〜1994)
1983年 「写真塾」を運営(〜1986)
1986年 自主運営ギャラリー「リトル・ギャラリー」スタッフ(〜1988)
1995年 ビジュアルアーツ専門学校
2013年 第25回写真の会賞 受賞

主な個展
2017年 「写真書簡」The Third Gallery Aya(大阪)
2016年 「1981」ギャラリー722(岡山)
2016年 「CREATURES」The Third Gallery Aya(大阪)
2016年 「1981」ビジュアルアーツギャラリー(大阪)
2013年  写真の会賞受賞記念展「黒白ノート」PlaceM(東京)
2012年 「市民/1983」Gallery Niepce(東京)
2012年 「市民」The Third Gallery Aya(大阪)
2006年 「黒白ノート・箱」gallery10:06(大阪)
2004年 「CITY」ビジュアルアーツギャラリー東京(東京)
2002年 「黒白ノート」ビジュアルアーツギャラリー(大阪)
1998年 「無限遠点」COSMO GALLERY(東京)
1997年 「CITIZENS」「迷子論」COSMO GALLERY(東京)
1989年 「市民」「CREATURES」ピクチャーフォトスペース(大阪)

主なグループ展
2018年 「地平」CASE Tokyo:東京
2017年 「ART in PARK HOTEL TOKYO 2017」参加 パークホテル東京
2016年 「daikanyama photo fair 2016」代官山ヒルサイドフォーラム:東京
2015年 「モノクロスナップの魅力」奈良市写真美術館
2015年 「第二回国境なき写真家旅団」ハッテンギャラリー(大阪)
2014年 「Foto Istanbul2014」イスタンブール
2013年 「Paris Photo 2013」参加 Grand Paris(パリ)
2007年 「フォトストリート30周年記念展」兵庫県立美術館
1997年 「フォトストリート20周年記念展」姫路市立美術館
1995年 「Views from Japan」Tucson(アリゾナ)
1994年 「Creatures」Kathleen Ewing Gallery(ワシントン D.C.)
1984年 「写真の現在」大阪府立現代美術センター

出版
2018年 『2016〈上〉』VACUUM PRESS
2018年 『2016〈下〉』VACUUM PRESS
2016年 『1981 コウベ』VACUUM PRESS
2015年 『1981(上)』VACUUM PRESS
2015年 『1981(下)』VACUUM PRESS
2014年 『Pusan』VACUUM PRESS
2013年 『2001』VACUUM PRESS
2012年 『黒白ノート 2』VACUUM PRESS
2011年 『マニラ』VACUUM PRESS
2010年 『黒白ノート』VACUUM PRESS
2009年 『市民』VACUUM PRESS
2007年 『大阪』VACUUM PRESS
1993年 『HORIZON』共著/大阪写真専門学校HORIZON編集室
1989年 『CREATURES』ビレッジプレス

 

PAGETOP