NEWS

HOME > NEWS

福田真知アーティストトーク「超私的写真史」

fukuta_banner_.jpg

-
6月2日(火) - 6月13日(土)に開催します福田真知 展「essence / 風景」にあわせ、アーティストトークを開催致します。
-
大学では彫刻を学び、現在は写真や映像を主に表現媒体として扱う福田による、超私的な写真史をお話し頂きます。是非ご参加ください。

----
福田が写真を意識したのは、祭りのときに親から渡されたインスタントカメラで撮った鬼。
中学でマイカメラから現在の作品に写真がどのように使われているのかまで、超私的な写真史を、資料をお見せしながらお話します。


超私的写真史
日 時:6月6日(土)17:30-19:00
料 金:700円(1ドリンク/税込)
定 員:25名(要予約)
予約先:tamaki@thethirdgalleryaya.com / 06 6445 3557


 

「写真(と)アーカイブ」




”写真( )”のタイトルの元、トーク/レクチャーイベントを2〜3ヶ月に一度開催致します。
第2回目の今回は、京都市立芸術大学芸術資源研究センター研究員であり、視覚文化論、写真史/写真論を専門に研究を行っている林田新氏をお招きして写真とアーカイブについてお話を伺います。是非ご参加ください。


写真(と)アーカイブ
日 時|2015年5月23日(土) 17:30 - 19:00
場 所|The Third Gallery Aya
会 費|700円 (1ドリンク/税込)
講 師|林田新(京都市立芸術大学芸術資源研究センター 研究員)
主 催|824(藤安 淳、宇山 聡範、福田 真知)
予約先|tamaki@thethirdgalleryaya.com / 06 6445 3557(担当:玉置)


今日、公文書に限ること無く様々な領域においてアーカイブが構築されており、それについて論じる機会も増えています。
では、なぜ今アーカイブがこれほど注目されているのでしょうか。そもそも私たちはアーカイブをどのように捉えているのでしょうか。
2014年に開設された京都市立芸術大学芸術資源研究センターでは、アーカイブについて理解を深めるべく、アーカイブ研究会を随時開催してきました。今回のレクチャーでは、その研究員であり、視覚文化論、写真史/写真論を専門に研究を行っている林田新氏をお招きして、アーカイブ研究会のことを中心に、写真の記録性、氏の研究対象である東松照明の一連の仕事、震災と写真といった様々な話題を交えながら、写真とアーカイブについてお話を伺いたいと思います。

 

稲垣智子

 

鍛治谷直記

「路上から世界を変えていく 日本の新進作家vol.12」展に参加中@東京都写真美術館 12月7日 - 1月26日 鍛治谷直記が東京都写真美術館で開催中の「路上から世界を変えていく 日本の新進作家vol.12」に参加しています。

 

多田ユウコ

「空の結び目 地のほつれ」@POETIC SCAPE 11月23日~12月29日多田ユウコが個展「空の結び目 地のほつれ」を開催中@POETIC SCAPE

 

川北ゆう

「TESHIMA MEETING art in katayama-tei 」@豊島 日時/2013.8.17(土)−9月1日(日)川北ゆうが豊島・片山邸で開催中の「TESHIMA MEETING art in katayama-tei 」に参加しています。

 

石内都

「ひろしま 石内都・遺されたものたち」@岩波ホール 日時/2013.7.20(土)−8月16日(金)まで 8月1日(木)16時30分からの映画上映後、舞台挨拶を行います。なお、大阪では梅田ガーデンシネマにて、8月3日(土)−8月16日(金)まで午前の回で上映致します。

 

石内都

「時のかたちーsa・bo・ten」@CAPSULE 日時/2013.7/27(土)、7/28(日)、8/3(土)、8/4(日)、8/10(土)、8/11(日) 12:00-19:00(土日のみ)
石内都がサボテンを撮影した写真集「 sa・bo・ten」を(株)大和プレスより発行します。
併せて「時のかたち-sa・bo・ten」写真展を開催致します。

 

石内都

「街の記憶 写真と現代美術でたどるヨコスカ」@横須賀美術館 日時/2013.4.27日(土) - 6.30(日) 4.27日(土) - 6.30(日)に横須賀美術館で開催される「街の記憶 写真と現代美術でたどるヨコスカ」に石内都が参加します。

 

岡上淑子

「〈遊ぶ〉シュルレアリスム」@徳島県立近代美術館 日時/2013.4.27[土] - 2013.6.30[日]4月27日から 2013年6月30日[日]まで徳島県立近代美術館で開催される「〈遊ぶ〉シュルレアリスム」展に岡上淑子が参加します。その後、損保ジャパン東郷青児美術館に巡回。

 

PAGETOP