EXHIBITIONS

HOME > EXHIBITIONS

CREATURES

阿部淳

2016.8.23 (火) – 9.17(土)
火曜 - 金曜 12:00 –19:00 土曜 12:00–17:00

8月は阿部淳「CREATURES」展を開催致します。
動物園や水族館の生き物を撮影したシリーズで「市民」の終わりごろから1980年代終わりごろまで続けられました。
1989年にピクチャーフォトスペースでの展示以来、久しぶりの展示となります。

8/26(金)は「大阪×1980年代×写真」というテーマで大阪芸術大学教授の犬伏雅一さんと阿部淳の対談を開催致します。
阿部淳を育てた1980年代の大阪の写真の状況を含めて語って頂きます。

Artist Statement
動物園や水族館の生き物は、人工的環境の中で生きているわけですが、都市で生活するわたしたちも、人工的環境の中で生きているという点に関しては、全く同じ境遇なのではないかという思いが、「市民」[1979〜83] 都市の人々を撮影する作業の終わりころに起こり、89年まで撮影を続けました。
そういう意味では、「市民」などの作業と次元は違うかもしれませんが、意識としては、同じだと感じています。


トークイベント|
 タイトル:犬伏雅一(大阪芸術大学教授)×阿部淳 対談「大阪×1980年代×写真」
 日 時:2016年8月26日(金)19:30-21:00
 参加費:1000円(税込・ワンドリンク付き)
 定 員:25人(要予約)
 申込先:tamaki(at)thethirdgalleryaya.com
 会 場:The Third Gallery Aya


阿部 淳

経歴
1955 大阪生まれ
1981 大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校・大阪)卒業
1982 舞踏グループ白虎社の映像スタッフとして各国巡行(〜1994)
1983 「写真塾」を運営(〜1986)
1986 自主運営ギャラリー「リトル・ギャラリー」スタッフ(〜1988)
2002 ビジュアルアーツ専門学校・大阪 教員
2006 VACUUM PRESS出版運営
2013 ハッテンギャラリー参加
2013 第25回写真の会賞受賞

主な個展
2016 「1981」ギャラリー722/岡山
2013  写真の会賞受賞記念展「黒白ノート」PlaceM/東京
2012 「市民/1983」Gallery Niepce/東京
   「市民」The Third Gallery Aya/大阪
2006 「黒白ノート・箱」gallery10:06/大阪
2004 「CITY」ビジュアルアーツギャラリー東京/大阪
2002 「黒白ノート」ビジュアルアーツギャラリー/大阪
1998 「無限遠点」COSMO GALLERY
1997 「CITIZENS」「迷子論」COSMO GALLERY/東京
1989 「市民」「CREATURES」ピクチャーフォトスペース/大阪

主なグループ展
2015 「モノクロスナップの魅力」奈良市写真美術館
2015 「第二回国境なき写真家旅団」ハッテンギャラリー/大阪
2014 「Foto Istanbul2014」イスタンブール
2007 「フォトストリート30周年記念展」兵庫県立美術館
1997 「フォトストリート20周年記念展」姫路市立美術館
1995 「Views from Japan」Tucson/アリゾナ
1994 「Creatures」Kathleen Ewing Gallery/Washington D.C.
1984 「写真の現在」大阪府立現代美術センター

写真集
2015 『1981』 VACUUM PRESS <上>
2014 『プサン』 VACUUM PRESS
2013 『2001』 VACUUM PRESS
2012 『黒白ノート2』 VACUUM PRESS
2011 『マニラ』 VACUUM PRESS
2010 『黒白ノート』 VACUUM PRESS
2009 『市民』 VACUUM PRESS
2007 『大阪』 VACUUM PRESS
1993 『HORIZON』 共著/大阪写真専門学校HORIZON編集室
1989 『CREATURES』 ビレッジプレス

 

PAGETOP